食パンの保存方法と気をつけること!美味しくリベイクするポイントは

美味しいトーストを食べれたら、朝がもっと楽しみになるはず。

食パンを一斤あるいは一本購入した場合、1日で食べれきれないことも多いのでは。。。

夏の暑い季節には、そのままキッチンに置いておけないですよね。

食パンを美味しく食べれる保存方法と保存後に美味しくリベイクするポイントをご紹介しますね。

『食パンの保存方法と気を付けること!美味しくリベイクするポイントは』をご覧ください。

食パンの保存方法と気をつけること

食パンを美味しくたべるための保存方法と気を付けることをご紹介しますね。

食パンをスライスする

食パンを自分の食べたい厚さにスライスすること!

スライスする理由は急速に冷凍ができ解凍もできるので食パンの劣化防止にも繋がり焼きたての状態で美味しくいただけるようにするためです。

ラップに包む

スライスした食パンを空気が入らないように1枚ずつラップにピッチりと包みましょう

ジッパーなどの袋に密閉保存をする

ラップに包んだ食パンは、しっかりと空気を抜いて真空パックのようにジッパーなどの袋に入れ密閉保存しましょう。

密閉保存する理由は、冷蔵庫の嫌なニオイがつくのを防ぎ、パサパサにならないよう乾燥も防いでくれます。

冷凍保存する

【留め具の付いた食パン一斤】

ジッパーで密閉保存した食パンは、冷蔵庫でなく冷凍庫で保存しましょう

冷凍保存期間の限度は、2週間までにしてくださいね。

また、購入した食パンを留め具をつけたまま冷凍保存するのはNGですよ。

食パンだけでなくロールパンなども同じ方法で保存可能です(*^^)v

冷凍食パンを美味しくリベイクするポイント

冷凍食パンを焼きたての食パンのように美味しくリベイクするポイントをご覧くださいね!

水分を補給する

冷凍した食パンを美味しく食べるリベイクのポイントは、水分補給をすること!

霧吹きでサッとひとふきしてからオーブントースターで焼くと焼き立て食パンのようにもっちりふわふわに仕上がりますよ♡

アルミホイルを利用する

冷凍食パンをリベイクしたときに食パンの一部が焦げた~とか、一部冷たい部分が残ってると言う経験ありませんか?

冷凍した食パンを全体的にバランスよく加熱するには、アルミホイルに包むか、パンの大きさによってはふわっとアルミホイルをかけて焼くと美味しい食感に焼き上がりますよ、お試ししてね(^_-)

オーブントースターで焼く

オーブントースターを220℃にして余熱2~3分そのままの温度で2~3分焼くとふわっと焼きたてのパンに仕上がりますよ。

まとめ

『食パンの保存方法と気をつけること!美味しくリベイクするポイントは』いかがでしたでしょうか?!

食パンを一本購入した場合、なかなか直ぐには食べきれないですよね。

1人暮らしの場合は特に食パンの冷凍保存は必要なのでは。。。

冷凍保存した食パンをもっちりふわふわに食べるには、水分補給しアルミホイルを利用しリベイクをしてね(^_-)-☆

みなさんの一日のスタートが、美味しい食パンで充実した日になりますように(^O^)/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

すももでした(^.^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です