マスクケースは除菌が必要!マスクケースの必要性と選び方と種類は

マスクは日常生活で花粉症、ウィルス感染や風邪予防など健康を維持するために不可欠なもの。

おでかけしてお茶を飲んだり、食事をするときなどマスクを外しませんか。

そんな時に必要な携帯ケースが、『マスクケース』!

マスクケースは除菌効果のあるものがおすすめ。

マスクケースは除菌が必要!マスクケースの必要性と選び方と種類は』をご紹介しますね。

マスクケースの必要性

マスクケースを使用する目的は、『使用中のマスクを保管する』『予備のマスクを保管する』ことです。

もっとも大事なことは、抗菌・除菌効果のあるマスクケースを選ぶこと。

マスク不足、高額なマスクが販売されている今日、マスクは節約して使いたい!

また、予備マスクを保管する場合でも、マスクケースが汚れていたり、菌だらけのマスクを使用していては意味がありません。

安心して常に衛生的なマスクを使用するためにもマスクケースは必要です。

それが花粉、ウィルス感染防止対策に繋がります。

マスクケースの選び方のポイント

マスクケースの選ぶポイントをご説明しますね。

抗ウィルス加工・除菌効果のあるものを選ぶ

殺菌 滅菌 除菌 抗菌 マスクケース 銅 除菌率99.9% 除菌器 持ち運び スマホ 旅行ケース 軽量 殺菌効果 (clear)

【出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B087ZYR5L4】

マスクに菌が付いていたら、マスクの効果、意味がなくなってしまいますよ。

マスクケースは抗ウィルス加工・除菌効果のあるものを選びましょう。

消臭効果のあるものを選ぶ

マスクを再利用する場合、ニオイが気になることありませんか?

保管していたマスクを再利用する場合でも、衛生的に快適に使いたいですよね。

嫌なニオイをなくす細菌消臭効果のあるものを選びましょう。

コンパクトで軽量のものを選ぶ

 

【出典:https://m.media-amazon.com/images/I/71suyDuW9pL._AC_UL480_FMwebp_QL65_.jpg】

マスクケースをバッグに入れたりするのになるべく軽量のものをおすすめします。

また休日など男性はバッグを携帯しない人も見かけるので、ポケットなどに入れる場合もあります。

マスクケースは場所をとらないコンパクト軽量なものを携帯することをおすすめします。

マスクケースの種類

マスクケースの種類は3タイプです。

箱タイプ

 

出典:山崎実業simple life lab

主に家庭、オフィスや車などで、数十枚マスクを保管する場合に使用します。
持ち運びはできませんが、箱で購入したマスクをそのまま収納できるボックスタイプです。

さりげないインテリアの1つとしても違和感のない商品です!

コンパクトタイプ

防水防塵マスク収納ボックス使い捨てフェイスカバーケース(ホワイト)

【出典:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41qbcQJjPdL._AC_SL1001_.jpg】

マスクにジャストサイズで、ハードケースやフィルム、ビニール、ナイロンタイプのもので抗ウィルス加工されたものがでています。
毎日の持ち運びには便利ですが、大量収納はできません。

こちらはシンプルで防塵、防湿、防水、バクテリア防止のもので色違いもありますよ(^^♪

ポーチタイプ

抗菌マスクケース マスクポーチ 携帯用 マスクいれ 二つ折り 収納 防塵 コンパクト シンプル…

【出典:https://www.amazon.co.jp/dp/B08B38HVGF】

ファスナーやボタンで開閉するポーチタイプのマスクケース。
主に布使用なのですが、抗菌オレフィンシートを使用しているものも出ています。
布使用であれば、コンパクトタイプよりも量は収納できるのでポケットに入れることもでき持ち運びするには便利です。

まとめ

『マスクケースは除菌が必要!マスクケースの必要性と選び方と種類は』いかがでしたでしょうか。

マスクケースは抗ウィルス加工・除菌効果のあるものをおすすめします。

常に菌のないマスクを使用して、ウィルス感染防止対策に役立ててくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

すももでした(^.^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です