2021ペルセウス座流星群【三重】時期や時間帯・方角・おすすめ場所は

夏の夜空を流れる星『ペルセウス座流星群』☆彡 冬の『しぶんぎ座流星群』『ふたご座流星群』と並び三大流星群の1つです。

キラキラした宝石のような流星をみるとついつい願い事をしてしまいます。

ペルセウス座流星群をみる時期や時間帯、方角、場所をチェックしてみました!

『2021ペルセウス座流星群【三重】時期や時間帯・方角・おすすめ場所は』をご覧ください。

2021ペルセウス座流星群が見える時期や時間帯

ペルセウス座流星群が見れる時期、

活動時期

2021年は、7月17日~8月24日と言われています!

極大時刻

極大とは、流星の見頃、ピーク時のこと1時間あたり50個程度が予想

2021年の見頃は

8月12日の夜から8月13日早朝4時ごろ(明け方)

1時間だけみるなら午前3時前後がベスト!

普段よりも目立って多くの流星を見ることができるのは、8月11日の夜~13日の夜までの予想です。

空の広い範囲を見渡して!

国立天文台は『なるべく空の広い範囲を見渡して』と呼びかけています!

2021年はペルセウス座流星群をみるのに好条件

2021年のペルセウス座流星群の活動をみるのに好条件の理由は!

  • 8月13日4時頃に極大(1時間あたり50個程度が予想)
  • 8月12日の夜半頃から13日の明け方にかけて、たいへん多くの流星を見ることができる
  • 8月8日が新月(0)で、12日頃は月齢4で細い月明かりのため影響がなく良い条件で流星を観察することができる。

最も多く流星が見られるのは、13日の夜明け近く(三重では4時頃、東京では3時台)と考えられ、このときの流星数は、空の暗い場所で観察したときには1時間あたり50個程度が予想

2021ペルセウス座流星群が見える方角

ペルセウス座流星は、北東の空にある放射点(流星の出どころ)から全方向に向けて流れます。

観測のポイント

  • どの方角でもみれる、全天にまんべんなく流れる
  • 見えにくい場合は放射点のある北東の空を中心にグルっと全体を見る

ペルセウス座流星群を見るおすすめ場所の条件

  1. 街中のような明るいところでなく明かりが少なく暗いところ
  2. 広い公園や運動場、河川敷など空全体を見渡せる場所

何も障害がなく空だけ眺めていたいですね。

ペルセウス座流星群が見える場所はどこ?

ペルセウス座流星群が見える場所は、国内どこでも見れます(*^^)v

パールロード的矢展望台&鳥羽展望台

三重県民の森(菰野町)

三重県民の森情報
住所:三重県三重郡菰野町千草7181−3
駐車場:有(無料)
大駐車場:9:00~17:00

青山高原(伊賀市)

風力発電の風車がある青山高原!駐車場がたくさんあるので、それぞれ停まってみて見え方など比べてみるのも楽しいですね!

青山高原情報
住所:三重県伊賀市勝地
駐車場:有(無料)

まとめ

『2021ペルセウス座流星群【三重】時期や時間帯・方角・おすすめ場所は』いかがでしたでしょうか?!

2021年は天候の心配がちょっとあるのですが、既にペルセウス座流星群を見ている方の情報もあります。

見頃の8月12日~13日が悪天候の場合でも活動時期が8月24日までなので流星群を見れるチャンスあり、都合があえばおすすめスポットで見るのもいいかもしれません。

流星☆に向かって願ってみませんか!みなさんの願いごとが叶いますように☆彡

最後まで読んでいただきありがとうございました。

すももでした(^.^)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です